MacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 ports) TouchBar無しモデルを購入しました。
Macのノートとしては MacBook Air (11-inch, Mid 2011) からの乗換えになります。

自宅では主に iMac (21.5-inch, Late 2015) を使用しているので、MacBook Airはモバイル用途で使用していてMacBook Proが届くまで現役で使用していました。

モバイルで使うときは比較的軽い作業が多いので、古い MacBook Air でも作業できていたのですが、さすがにそろそろ限界かなと思い、思い切って買い換えました。
動作的にはそんなに問題無かったのですが、やはりバッテリーやモニタの輝度が弱ってきていました。

購入までは、MacBook (12-inch) と迷いました。
MacBookのほうが MacBook Air に近い感じで使えそうに思えたのですが、 値段もほぼ同じでディスプレイが少し広いという理由とCPUの違いで、今回の MacBook Pro にしました。

自分の使用用途ではMacBook (12-inch)でも良かったかなと思います。

 

購入したモデルの構成

今回購入した MacBook Pro は TouchBar の無い一番安いモデルです。
自分の使用環境では、MacBook Air 11 inch (2011年モデル)でもそこそこ使えていたので今回のモデルにしました。
また、キーボードの配列は英語配列のほうが慣れているのでオプションで英語配列に変更してみました。

システム構成

  • 13インチMacBook Pro
  • 第7世代の2.3GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)
  • Intel Iris Plus Graphics 640
  • 8GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
  • 128GB SSDストレージ
  • 感圧タッチトラックパッド
  • Thunderbolt 3ポート x 2
  • バックライトキーボード – 英語(US)

 

スペックの比較

MacBook Air (11-inch, Mid 2011) MacBook Pro (13-inch, 2017)
CPU 第2世代 Intel Core i5 (1.6GHz) 第7世代 Intel Core i5 (2.3GHz – TB3.6GHz)
メモリ 4GB ( DDR3 1,333 MHz) 8GB ( LPDDR3 2,133MHz)
ストレージ 128GB SSD 128GB SSD
ディスプレイ 1,366 x 768ピクセル 2,560 x 1,600ピクセル
バックライトキーボード 日本語 英語(US)
バッテリー・ワイヤレス環境 最大5時間 最大10時間
重量 1.08 kg 1.37 kg

 

レビュー

使用感は、さすがに MacBook Air (11-inch, Mid 2011) と、MacBook Pro (13-inch, 2017) とでは別物でした。

起動時間や動作は早いですし、モニタは輝度もあり、特にRetinaディスプレイでキレイです。
また、バッテリーは倍以上持ちます。(同じ作業をしている場合)

 

バッテリー

自分の作業環境では、古いMacBook Air は3時間ぐらい作業するとバッテリー残量が心もとない感じなってくるのですが、MacBook Pro は8時間ぐらいなら余裕で作業できるようです。

 

キーボード

キーボードはまだ慣れません。
なんというか、トラックパッドの面積が大きくて、まだ手を置くポジションが定まらない感じです。
そのうち慣れる気がします。
また、 打鍵感は MacBook Air と比べるとかなりフィーリングが異なるので、まだMacBook Pro の打鍵感に慣れません。
(MacBook Air のキーボードが打ちやすいわけではないのですが、こればかりは慣れの問題ですね)

 

重さ

重さはカタログスペックでは「0.3kg」の差なのでそんなに気にならないかなと思っていたのですが、実際手に持ってみると数字のイメージよりもズッシリ重い感じがしました。
これは、手に持ったときの質感によるものだと思いますが、MacBook Airよりも「0.3kg」の差以上にズッシリ感があるように感じました。
しかし、カバンに入れてしまえば、MacBook Airより少し重い程度で、持ち運びには問題なさそうです。

 

まだ数日しか使っていないですが、けっこう満足しています。
このモデルは(Mac シリーズの中で)コストパフォーマンスが良いほうかなと思います。

自分の用途では少しオーバースペックな気もしますが、そのぶん長く使えそうです。